【信頼されている人がしている あ・い・さ・つ 4つのこと】

 

【い】・・いつも

嫌な事があったから、

忙しいから、、、。

そんな理由で挨拶をしない人、
あなたの周りにいませんか?

その日のお天気によって、
グラグラ揺れてしまう建物には、

いつ崩れるか不安で近づけませんよね。

自分の感情や状況の変化に

影響される事なく、

いつも気持ち良い挨拶をする人は、

相手の心をときほぐし

心地よい会話も出来る人です。

 

 

【さ】・・・自分からさきに

“会話は心のキャッチボール”

と研修やコンサルでお伝えしています。

ですから誰かが最初の言葉を投げなければ

会話は、始まりません。

ならば、

自分から先に、

相手が受け取りやすいボールを

なげてあげれば

会話がはじめられますね。

年齢や立場に関係なく、

誰に対しても

自分から挨拶をする人は?

私の研修先の社長A様は、

必ず朝現場に来てスタッフ一人ひとりに

声をかけて下さるそうです。

『”期待に応えられるよう頑張ろう!”
という気持ちになります!』

スタッフの皆さんが

嬉しそうにおっしゃっていました。

 

上司やリーダーがそのような人なら、
きっと皆さん気持ちよく仕事が出来ますね!

 

“自分のことを認めてくれている”人には、
親しみや信頼感が芽生えます。

 

自然とその人の為にも頑張りたくなります。

その人の喜ぶ顔が見たいですから。

 

”相手が受け取りやすいボール”って?

とお感じになったあなたは・・・

 

【つ】・・・続けて 一言

その人の心情に寄り沿った言葉は、

ハッピーな時間を

プレゼントしてくれますよ!

 

「ご搭乗ありがとうございます。

お帰りなさいませ」

モスクワから成田への出発便に、

ご搭乗なさったお客様に、

私がかけた言葉です。

 

ボーディングブリッジを歩くご様子は、

重たい足取り
疲れた表情
よれよれな感じのTシャツにジーンズ

「お仕事でしばらくモスクワに滞在なさって、
やっと日本へご帰国なさるビジネスマンのお客様」

世界中のお客様に接遇をしてきた私の直観です。

 

うつむいていらっしゃった
そのお客様は、

「どうもありがとう。よろしくお願いしますね」と、
優しい微笑みと言葉を下さいました。

 

その後、機内では、
お客様のモスクワご滞在1年間の
お話しに花が咲きましたよ。

 

表情、動作、

姿勢、ファッションなどからも

相手の心に届く一言を

見つけられますよ。

 

【あ】・・・全ての言葉に愛を込めて

相手を想う気持ちがあれば、

いつも

さきに

つづけて一言

愛のある挨拶が出来ます。

 

安心感や親しみをもたらす挨拶は、
信頼関係の礎です。

 

 

とってもシンプルですよネ。

そしてとっても大事なこと。

 

大切な人達へ、
あなたの想いを挨拶で届けませんか。